2018年5月22日火曜日

骨盤のおはなし

皆さまこんばんは、ともぞーです
暑い日々が続いていますが、風邪などひいてませんか
かくいう私は、ただいま風邪中です

ところで、腰はカラダの中でも大事なところですが、骨盤も同じく大事だなと感じます
私の場合、産前と違い、産後の骨盤はとても複雑で歪みやすいです
月一回の整体で、毎回必ずねじれています

個人差はありますが、子どもを抱っこするだけでもねじれます

ねじれることによって内臓に負担がかかったり、全身がだるかったり
産後ヨガに通ってると、もっと大変な症状が出ている方もいるので、
骨盤のケアは必要不可欠だなと痛感します

日本は、産後のカラダのケアが個人任せなので、産婦人科などで積極的に
取り組んでもらえると助かりますが

幸い、私の通っていた産婦人科では産後ヨガ&ベビーマッサージ、
母親のケアも含めたスキンシップ教室があったので、一歳までお世話になりました

今シーズンは、雪のよい状態ではスキーをしてカラダによかったのですが、
春雪になってくると私のカラダの使い方だと、骨盤に負担がかかってしまい、
四月でシーズン終了でした(ドクターストップ)

まあムリせずぼちぼちいこうと思います
カラダは奥が深くておもしろいですね!















2018年5月21日月曜日

バックカントリースキーの勧め

こんばんは、Nishiです。

スキーシーズン終わっちゃいましたね。但し新潟のかぐらやアライは営業中だそうです。
スキー場もがんばってますね!
Nishiはと言うと、、、
GWが終わってもまだ楽しんでますよ!(^O^)
しかも今はバックカントリースキーです(笑
いつもはGWに滑っているのですが予定日の天候が悪く延び延びになってようやく今日
は乗鞍岳で滑って来ました。
標高差600メートルを登り、3000メートルから眺める景色や滑り下りる時のその醍醐
味は体験しないと解らない程楽しくて、かれこれ10数年毎年滑ってます。
そこはリフトなど輸送手段は無く、すべて自力で標高を稼ぐ必要が有りますので特に道
具(装備)にも徐々にレベルアップすると登りは楽になりました。
雪質は硬かったり、凸凹(スプーンカット、雨による縦溝)だったり、しっとり系だったり自
然のままですからゲレンデにはない未体験がそこに待っています。
これはこれで楽しいんですよ(*^_^*)
沖山ディレクターやkaorin他多くのイントラもBCも大好きですから、この時期大自然のフ
ィールドに皆で飛び込み楽しんでみませんか?



2018年5月14日月曜日

スキーオフシーズンの過ごし方


みなさん、こんにちはtoriです

野麦峠スキー場がクローズしてからも、こうしてブログを通じて
皆さんと繋がっていられるって、いいですね(^-^)

雪解けが早い今シーズンは春スキーも終盤に差し掛かりつつあるようですが、
皆さんはいかがお過ごしですか?私は、もう一度は春スキーに行きたいと
思っていますが、GWが最後になりそうな雰囲気濃厚です。。。

さて、すでにスキーシーズンを終えられた方、間もなく終えられる方も
いらっしゃると思いますが、皆さんはスキーのオフシーズンを
どう過ごされていますか?
スキーと入れ替わって他のスポーツのオンシーズンを迎える方、
旅行やトレッキング、写真撮影など他の趣味のオンシーズンを迎える方、
ひょっとしたら来シーズンのスキーのために貯蓄に励む方(^_^;)
など、様々でしょうね。

私は少年野球の子供たちに遊んでもらうことと、
今年からはトレッキングを再開したいと思っています。

以前ブログで書いたかもしれませんが、実は昨年の夏に腰を痛めて、
二カ月弱ほど左足のつま先に力が入らない事ありました。
神経が麻痺しているため、足を引きずりながら歩くことは出来たのですが、
つま先立ちなどは出来ずでした。

その後回復し、無事今シーズンを過ごせたのですが、
右足一本で滑っていることが多く、またアルコールが入ると
左足を引きずっている状況で(^_^;)

ですので、少しでも元の状態に近くなるように足を使う機会を増やそうと思っています。
ただ単に歩いて走ってもつまらないので、トレッキングが楽しいかと。
あとそれに合わせて友人たちに宣言したダイエットも。。。

このブログもオフシーズン中に何回かは書くと思うので、
ここをPDCAのチェックポイントとして、逃げ道を塞いで(笑)
ダイエットにも取り組みたいと思います。

来シーズンは完全復活するぞー!!!

2018年5月11日金曜日

春スキーの勧めpart3

こんばんは、Konです。

春スキーを楽しんでいますか?
今シーズンは降雪は多かったですが、春の雪解けがかなり早いですね。
はたしてかぐらスキー場は5/27日まで雪がもつのでしょうか?
ここまで雪解けの早いシーズンは自分の中でもあまり記憶にありません。

春雪を滑る上でのポイントは「落差を取る事」と以前も書きましたが、
その為には何を意識したらよいか?
それは必要以上に低速で滑ろうとしない事です。
どうしても低速で滑る意識が強いと自分の力で板を振る動きが出がちです。
コブの中でもスペースが使えず窮屈なすべりになってしまいます。

春雪は条件の良いハイシーズンの雪に比べて抵抗が大きいので自分で動かしてしまうと
とても疲れます。
抵抗がが大きいという事はスピードが出ずらい、という事でもあるので思い切って
ターンしないぐらいの気持ちで春雪を滑ってみましょう。
また違った感覚があると思いますよ。

では、残り少ないシーズンを楽しみましょう!!




2018年5月7日月曜日

滑り納め

こんばんは!Kobaです。
GWも終わり、寂しい気分になっている方もいらっしゃるのでは?

今年のGWと言えば、先ずは畑仕事や野良仕事を片付けて、
娘を連れて飛行機を見に行ったり、買い物に付き合ったり、
従妹家族を含めてBBQを行ったりと家族サービスを完了させて、
漸く昨日の5/6(日)に今シーズンの滑り収めとして、
ロッテアライリゾートへ行ってきました。

今シーズン2度目の訪問となりますが、
こちらも雪解けのスピードは想像以上でした。
5/27(日)まで営業予定らしいのですが、
次の日曜日まで持つかどうか?とのこと。
それでも膳棚リフトのグルーミングされた斜面だけではなく、
船石沢、ベンサク沢も滑ることができました。
個人的な来シーズンへの課題が山積みであることを
再確認しての滑り納めとなりました。



今回はスキーだけを楽しむのではなく、
前回は定休日と重なってしまった豚汁の「たちばな」も。
Kaorinさん、どうやら月曜日は定休日らしいので、
足を治して次回は曜日を考慮して遊びに行きましょう。

これで自分はオフシーズンに入ります。
雪の無い時は無い成りの方法で身体を動かして、
楽しむことにする予定です。

2018年5月3日木曜日

気温と雪量の相関は?

こんばんは!kaorinです。
GW真っ只中、スキーを楽しまれている方も多いかと思います。
今年の4月は記録的な高温で、スキー場の雪もどんどん融けてしまっているようですね。
私は...と言いますと、骨折からおよそ2ヶ月が経とうとしていますが、まだまだ松葉杖生活が続いていて、GWもスキーはもちろん、出かけることもままならない状態です。

さて、スキーができないので、今回は少し趣向を変えたネタをお届けしましょう。
野麦峠スキー場の営業中は、毎朝の気温をスクールのHPでお知らせをしているのですが、
2012シーズンから7シーズン分のデータがたまりました。
その7年間から、雪量が豊富だった2015シーズン、悲惨なくらいに雪不足だった2016シーズン、そして、めちゃくちゃ寒かった今シーズン、それに7シーズンの平均値をグラフにしました。



今シーズンの2月は、確かに平均気温よりも低い日が圧倒的に多いですが、3月は例年通りです。雪不足だった2016シーズンは、時々気温のグッと高い日がありますが、おそらくこれは雨が降った日だと思われます。全体的に気温が高かったというより、周期的に暖かく雨の降る日が多かったんでしょうね。
比較的雪に恵まれた2015シーズンですが、気温はそれほど低くありません。野麦で雪が降るのは南岸低気圧の影響が大きいので、雪が降るときは南からの風が吹くために気温が高いようです。それに反して、今シーズンのように、冬型の時は、日本海側で雪を落としてしまって、野麦では乾いた風が吹きすさんでただ寒いだけ、となってしまうのですね。

面白いのは、3月の気温はほぼ変わらないことですね。3月に一気に融雪が進むかどうかは、気温というより降雨の影響が大きいということでしょうか。シーズン中の暖かいとか寒いとかいう印象は2月の気温によるところが大きいようですね。

それにしても...やっぱり野麦って寒いことがよくわかります。全日ほぼ氷点下なんですもんね〜

by kaorin