2018年2月6日火曜日

いろいろな雪質を楽しむ

こんばんは、ともぞーです。
立春が過ぎ、お雛様を飾りました。
何だか日差しが春めいてきたように感じます。


さて、いろいろな雪質を楽しむ、ということですが、
そもそも入ったことのない不整地なんぞコワくて入れない!という方もいると思います。

私は、元々は整地しか入れず、師匠に出会ってからレッスンで強制的に連れていかれたものの、
コワくてしょうがなかったもんです。


多分それは、入ったらこけそう、穴があったらどうしよう、膝ひねったらどうしよう。。
などの気持ちが先行するのでしょう、今でもコワいと思うときはあります。


不整地に入るには、当たって砕けろではなくまずは整地で外足(ブーツのバックル一番谷側にオレンジ)にしっかり乗るドリル練習が大切です。
外足に乗ることが基本なのですが、特に不整地に入るとなぜか内側のオレンジで踏ん張ってしまうこともあります。
コワいから、ですね。

さらに、谷回りを長めに(2秒ほど)落差をとると、ターンしやすくムリやり自分で板を振る
ことがなくなります。

外側のオレンジ&2秒をイメージすると、それだけでも安定感が出てくることでしょう。
それプラス必要なイメージもありますが、まずはこれです!

慣れもありますので、入っていくうちにいろいろな雪質も楽しめるようになるんじゃないかと思います。 そうなると、シーズンをより長く過ごせますね!

気温が上がってくると、湿ったひっかかる雪もあるので、どうぞムリはされませんように
2月も楽しんでスキーしましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿