2018年1月12日金曜日

手放す

皆さん、こんばんは!

オッキーです!

今日は手放すという事について話をしたいと思います。
 
オッキーがこのフィーリングスキースクールに
かかわるようになって今年でまる10年となります。
 
それまでは普通の会社員で20年ほど勤めていました。
 
会社を辞めて、FSSにかかわるようになったときに
多くの人は大丈夫なの?
そのまま会社にいたほうが良いんじゃないの?
 
とアドバイスをくれました。
 
しかしある人は、オッキーにこう言ってくれました。
 
人間には手は二つしかないから何か新しいものを
つかもうとするときには何かを手放さないと手に入らないよ。
 
10年も前の言葉ですがいまだに鮮明に記憶に残っており
あの時のオッキーに一歩を踏み出す勇気をくれたのを覚えています。

昨年の夏も同じような選択を迫られる時があり
この言葉を思い出して選択しました。
 
その結果、3年ぶりにNZで40日ほどスキーをすることが出来ました。
 
こうやって書くと、じゃ毎回何かを選択する時は古いものを手放せばいいじゃん!
 
となるのですが、今までに自分が培ってきたもの
それが自分の生活に大きくかかわるものであればあるほど
手放すことは非常に大きな不安もしくは恐怖になります。

会社を辞めた時も昨年の夏も不安や恐怖はありました。
 
でも今振り返ってみると手放してよかったと強く思っていますし
また同様の機会があれば同じ選択をしたいと思っています。

当然、毎回このこのような結果になるとは言いませんが
よりよくなるためには何かを手放して片方の手を
一時的に空にする必要があるのだなぁと強く感じています。

これは1月7日のKonのブログ

「違い」が分かる事

の内容とも通じるところがあります。

スキー技術も今よりさらなる上達を望むのであれば
一時的に不安になるかもしれないけれども
今までに習得したものをいったん手放したほうが
目標への到達は早いと思います。

今シーズンもまだ始まったばかりです。
何かを手放しても十分に新しいものをつかむ時間があります。
 
 
皆さんも何か手放してワンランク上を目指してみませんか?



by オッキー

0 件のコメント:

コメントを投稿